ベランダ

更新記事

家にひとつだけある高級家具

私たち夫婦は、10年前に新築一戸建てを購入しました。新築の家での新しい生活の為、色々買い揃えました。殆どのものは、これから始まるローン…

詳細を読む

マンションは収納スペースが、少なく、部屋に向きだしです。

一戸建てから、賃貸マンションに引っ越してきました。3LDKです。とにかく、一戸建てのとこの荷物の量が、半端でなかったので、かなり、向こ…

詳細を読む

賃貸住宅の防音性、遮音性の基礎知識

賃貸で部屋を借りる時に気を付けたいのが、防音性と遮音性です。隣人トラブルで最も多いのが騒音問題で、一度トラブルが起こりこじれてしまうと…

詳細を読む

賃貸住宅の防音性、遮音性の基礎知識

賃貸で部屋を借りる時に気を付けたいのが、防音性と遮音性です。隣人トラブルで最も多いのが騒音問題で、一度トラブルが起こりこじれてしまうと中々修復ができず、最悪の場合は「引っ越し」を考えなければなりません。
そうならないように、自分の家族構成や、仕事時間、自分が騒音に対してどこまで寛容になれるかなどを踏まえて部屋選びする時の要点としなければいけません。
まず賃貸住宅の建物構造によっても遮音性は大きく変わります。一番遮音性が高いのは鉄骨、コンクリート、次は鉄筋コンクリート、その次は軽量鉄骨、最後に木造となります。
マンションなどは鉄骨、鉄筋で、ハイツといわれるものは軽量鉄骨、コーポは木造というのが一般的です。実際はこれだけでは無く壁の構造でも大きく左右しますので下見の時には手で叩く、足で床を踏むなどして確かめる必要があります。
建築工法は工事費に差が出ますので、家賃にもそれが繁栄される場合が多いのが実情です。これも遮音性に比例して家賃も上がる傾向にあるので、どこかで妥協点を見つけなければいけないのも現実です。
子供がたくさんおられる場合は一階を選ぶ、騒音に対して敏感な方なら最上階といった選択の仕方も方法の一つです。夜に働いている人なら、マンション内の騒音だけでは無く、周辺地域に大きな音を出す工場や保育園、トレーラーなどが通る国道などがないかもチェックするべき点です。